toppageに戻る Go to photogallery CONCOLOR HomePage
コンカラーについて 施設のご紹介 宿泊先のご紹介 プライスリスト メンバーズクラブ
八丈の海について 八丈までのアクセス ご予約はこちらから 掲示板 リンク
 

コンカラーについて


 ダイビングクラブ コンカラーは八丈島にあるダイビングサービスです。私たちコンカラーのスタッフが、生物観察をしたいダイバーや水中写真を撮るダイバーのために、さまざまなサービスをお届けします。

ゆっくり潜る、見る、撮る。これがコンカラーの基本です

魚種の多さも八丈島の自慢です
 ダイビングとは水中を「泳ぎ回る」ものだとお思いの方は、コンカラーで潜ると少し驚かれるかもしれません。なぜならコンカラーのダイビングは「ゆっくり泳ぐ」が基本だから。

ピグミーシーホースが見られますヨ
 ゆっくりゆっくり。これがウォッチング派には最適な潜り方。時には泳ぐのをやめて、海底にいる魚やエビカニ・ウミウシなどの海洋生物をじっくり丹念に観察します。

 単に「見る」だけではなく、生態もじっくり観察しましょう。環境まで含めて観察することで、その生き物の「生きざま」まで見えてきますよ。

 速く泳いだりたくさん泳いだりしないので、泳ぎに自信がない方やビギナーダイバーも大丈夫。水中でストレスを感じないよう、その方のペースに合わせます。


「フォト&フィッシュウオッチング」派のためのお店です

エビカビもいっぱいいる八丈島
 コンカラーとは「同じ色」「同じ喜び」という意味。同じ趣味を持つ人たちが集まるお店になれば良いな~と思って、この名前をつけました。
 ご予約の際にどんな生き物を見たいかをお伺いするのも、できるだけ同じ趣味の人どうしが一緒に潜ったほうが楽しいだろうと思うからです。

きれいなウミウシもいっぱいいます  一度に一緒に潜るゲストは6名様まで。徹底した少人数制をとっているので、被写体をゆっくり見てゆっくり撮影していただけます。

 また、季節や条件によっては魚の産卵シーンを観察するダイビングも行います。

 リクエストには可能な限りお応えしますので、観察したい生物があればご予約の際やご来店の際にお知らせください!

 もちろんダイビング中のライティングや固定など、フォトアシストもおまかせください。


バリ島リゾート風クラブハウスで、こころゆくまでリラックス

クラブハウス

→アフターダイブはガーデンテラスでのんびりと。

 「八丈の海」というとダイナミックなイメージが強くて、ビギナーダイバーにはちょっと無理? いいえ、そんなことはありません。コンカラーなら水中はもちろん、エントリー&エキジット時もフルサポートしますので、ビギナーでも不安なく、楽しく潜れます。そしてアフターダイブはバリ島リゾート風クラブハウスでゆったりと。「東京からいちばん近いリゾート」コンカラーで、休日を100パーセント愉しんでください。

お店の庭がグリーンがいっぱい

 器材洗い場・干し場やシャワールームなどの諸設備は、ダイバーの動線を考慮して設計。広くて使いやすいダイビング施設だから、初めてご来店された方でもとまどわずにお使いいただけます。
 詳しくは施設紹介のページをご覧ください。



メリットいっぱい! メンバーズクラブ

メンバーズカード
 コンカラーのクラブメンバーになると、ダイビングフィーの5パーセントのポイントがそのメンバーの方に還元されます。
 他にもメリットをいろいろ用意しました。

 クラブのメンバーカードは発行に500円かかりますが、入会した日からポイントが貯まり、とってもリーズナブルです。
 詳しくはクラブ紹介のページをご覧ください。


コンカラーのスタッフです

田中幸太郎

写真右:お店の名前の由来になったエビ。和名をヒボタンサラサエビ、学名を Cinetorhynchus concolor といいます。

田中幸太郎(たなか こうたろう) IANTD & PADI インストラクター

 大学1年のときに加入していたダイビングサークルの夏合宿で初来島。八丈ブルーに大感動し、次の年から毎年夏は必ずこの島でダイビングの修行をする。

 卒業後、一度は内地のダイビングショップに内定をもらっていたものの、八丈ブルーが忘れられず、そのまま八丈島に移住。学生時代に丁稚奉公をしていた、八丈島でのフィッシュウォッチングの草分け的存在である「レグルスダイビング」に就職。フィッシュウォッチングガイドのAtoZを教わる。

 5年勤め上げて師匠にお墨付きを頂き、2002年春、念願の独立を果たす。

 最近では毎日が被写体探しのダイビング。珍しいものだけでなく、普通にいるものの中にも美しさや面白さを求めて潜っている。

Cinetorhynchus concolor ヒボタンサラサエビ

写真上右:『エビ・カニガイドブック』(奥野淳兒・加藤昌一共著 阪急コミュニケーションズ刊)に写真提供。写真上中:『本州のウミウシ』(中野理枝著 ラトルズ刊)に写真提供。




早梅康広

早梅康広(はやうめ やすひろ) PADI ダイブマスター

 1983年生まれ、千葉県柏市出身。
 小さい頃から父方の郷里である長崎・五島列島で海遊びをして育つ。2011年にダイビングを始め、陸とは違う景色、色、音に魅せられる。自然の中に入っていける仕事がしたいと思い、それまで経営していた室内装飾の店をたたんでダイビングを一生の仕事にしようと決心する。
 屋久島の<屋久島ダイビングサービス もりとうみ>のオーナーガイド、原崎 森さんの紹介で八丈島に移住することに。
「人が好きで、人と喜びを共有することが僕の最大の喜びです。たくさんの、さまざまな分野の方々と出会い、話して、多くのことを吸収したいと思っています。

 これからお世話になります。どうぞよろしくお願いします!」



(C)DIVING CLUB CONCOLOR ALL RIGHTS RESERVED.